活動

Activity

総会及び4部会を中心に、パーソン・ドリブン・ヘルスケア社会の実現に向け、主に以下の活動を推進します

主な活動内容

  • 健康データ流通横断プラットフォームの開発

  • データ流通に伴うAPI等の共通化・標準化企画

  • 行動変容支援システム開発

  • 健康データを活用した新規サービスの創出と事業化支援

  • 健康データ活用ビジネスの実証

  • データ流通、サービス化に伴う法制度・グレーゾーン対応

  • ヘルスケアIoT関連セミナー・勉強会・ワークショップ等の開催

  • ヘルスケアIoT関連最新情報の収集・発信

各部会の主な活動内容

01.

ビジネスモデル部会

  • 個人の行動変容のための効果的なプログラム企画と個人健康情報ニーズの調査
  • ビッグデータ解析の主なインプットイメージ、ユーザインターフェースの要件明確化
  • 個人健康データ流通のための産業横断連携システムの企画構想

02.

ヒューマンインターフェイス部会

  • ソーシャルデザインに基づく、センサデバイス及びソフトウェアの基本要件と測定データレベルによる性能評価基準策定
  • プラットフォーム構築・普及促進のための実証実験等による共同検証

03.

IoTプラットフォーム部会

  • 事業・サービス要件を満たすためのIoTプラットフォームの範囲、基本構造の検討と基準策定
  • 流通データの形式、内容、構造等の要件定義と標準化、利用企業増加の普及活動
  • 情報セキュリティの要件定義、ヘルスケア情報の真正性・信頼性のスキーム検討

04.

法制度・標準化部会

  • エコシステム実現のための各産業・企業の連携のルール、法的側面、知財面の課題抽出・推進
  • 仮想センサ・次世代BAN(人体領域無線通信)等上記各技術の共通化・(国際)標準化推進
  • 倫理、社会・個人受容性の検討

組織図